過払いでチャラになるとは限らない

アコムのキャッシングでは、かつて「過払い」というものが発生をしていました。 これは、通常よりも高い金利を設定されてしまったため、結果として利息を多く支払いすぎたというものです。 支払いすぎた利息ですので、アコムのキャッシングに対してその支払いすぎた利息を返還してもらう事ができます。 この手続きのことを「過払い金返還請求」といいます。 これはアコムのキャッシングに限らず、多くの貸金業者に対して行うことができます。 アコムのキャッシングに対して過払い金返還請求をした結果、借金が全てなくなったという人も結構いらっしゃいます。 このケースならばまさに理想的です。 しかし、中にはそうでないケースもあります。 どういうことかというと、過払い金を差し引いたとしても、まだ借金が残っているというケースです。 このケースですと、少し対応が変わってきます。



債務が残っている場合の請求

例えば、モビットのキャッシングに対する借金の総額が600,000円だったとします。 過払い金が200,000円発生していたとしても、400,000円は残っています。 過払い金は返してもらうことができますが、400,000円は特に問題のない残高ですので、しっかりと返済をしていかないといけません。 こういったケースで過払い金返還請求をしてしまうと、じつは「債務整理」扱いになってしまうのです。 では、債務整理扱いにされてしまうと、どのような影響がでてしまうのでしょうか。 信用情報に債務整理と記載されると、クレジットカードの発行やローンの契約に影響が出る可能性があります。 過払いで借金は全てチャラになると思っていても、実際には借金が残ってしまうということはあります。 これは、計算をしてみないと分かりません。 アコムのキャッシングから取引履歴を取り寄せて、引きなおしの計算をしないと分からないのです。 ただし、目安のようなものはあります。 借金の金額がかなり多い人は、過払い金を引いても残高が残るかもしれません。 借りた年数が短い人も同様です。